2006年12月20日

負ける日もある。

 悪い結果がでたとき、負けたとき。営業でも良くあります。

結果は後から変えられません。そのときどのように考えるか?
1つは「結果はかえられないからくよくよするだけ損、前向きに次頑張ろう」と考えるか、もう1つは「結果が変わらないけど悔やむだけ悔やもう悔しがるだけ悔しがろう2度同じ失敗を繰り返さないために」と考えるのか。

 今日チャットでよくお話をするみなみさんが今日の相場負けたということでかなり悔しがってました。

 負けは負けで認める、もちろん結果は変わらない、なら騒いでもしかたないじゃないか。。。。と普通考えそうですが、専業相場師にとって負けることが即生活に直結し負けが癖になることが何を招くか?それが如実に感じられました。単なる負けず嫌いではなくこれを癖にしない失敗しない(そう考えても負ける日もある)でも負けに慣れてしまってはダメなんだ!

 そういう叫びが聞こえてきそうです。私が感じたことですけどw

 え?私?私は前者ですw
posted by kin at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29952104

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。